安倍総理大臣は17日午前、都内の大学病院に入りました。官邸側は今のところ、詳しい理由を発表していません。

 安倍総理は午前10時半ごろ、東京・新宿区の慶応大学病院を訪れました。関係の近い甘利税調会長は16日、安倍総理が新型コロナウイルスの対応で連日の勤務となっていることを懸念し、「数日でもいいから強制的に休ませなければならない」と述べていました。一方、政府高官は17日朝、「疲れはたまっているだろうが、体調には何も問題がない」と話しました。安倍総理は毎年この時期、山梨県の別荘に1週間程度滞在し、ゴルフなどを楽しんで静養するのが慣例ですが、今年は新型コロナの影響で都内にとどまっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp