安倍総理大臣は24日、連続在任日数が歴代最長となりますが、ANNの世論調査では第2次安倍政権の政権運営について評価が分かれる結果となりました。

 調査は22日、23日に行われました。安倍総理はこれまでの内閣で最も長く総理大臣を務めていることになります。この期間の安倍総理の政権運営について、「評価する」人は45%で、「評価しない」人は39%でした。安倍総理は17日、病院に「検査」のためとして7時間半にわたって滞在し、「健康不安説」が与野党内でささやかれています。そうしたなかで安倍総理の健康状態が政権運営に影響があると考える人は56%でした。新型コロナ対策を議論するため野党が求めている臨時国会については「開くべきだ」が70%を超えています。安倍内閣を「支持する」人は先月の調査からやや回復し、37.4%でした。“ポスト安倍”を巡っては、自民党の石破元幹事長がトップとなっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp