ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報

森友学園をめぐる公文書改ざん問題をめぐり、自殺した近畿財務局職員・赤木俊夫さん(当時54)の妻に対し、安倍総理は「ああした結果になったことは、総理大臣として申し訳ない思い」と初めてコメントした。ただ、なぜ改ざんが起きたのか、その実態解明は進んでいない。安倍総理は「妻が重要な役割を果たしていないということは(文書を)見ればご理解頂ける」としているが、近畿財務局が、籠池泰典氏から安倍昭恵夫人との写真を見せられた2014年4月28日に関する記録は公表されていない。改ざん前の決裁文書によると、この日、籠池氏から「昭恵夫人から、『いい土地ですから前に進めてください』とのお言葉があった」という発言があったとされている。このころを境に、土地の貸し付けに後ろ向きだった財務局の姿勢が協力的なものに変わるが、財務省は、交渉記録のうち、この4月28日のものが、見つからないとしている。検察が押収した文書について、麻生財務大臣は返ってきたとしているが、財務省は「捜査に関わる」として回答を避けている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報