ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報

IOC(国際オリンピック委員会)が新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、東京オリンピックの延期を検討すると決めたことを受けて、安倍総理大臣が延期を容認する考えを示しました。

 安倍総理大臣:「IOCの判断は私が申し上げました。完全な形での実施という方針に沿うものであり、仮にそれが困難な場合にはアスリートの皆さんのことを第一に考え、延期の判断も行わざるを得ないと考えています」
 安倍総理はこのように述べ、IOCの判断次第で延期を容認する考えを示しました。アスリートが万全の準備で参加できることに加え、無観客試合や規模の縮小を行わない形で開催することが重要だと改めて強調しました。そのうえで、「中止は選択肢にない。IOCも同様の考えだ」と強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報