Best FX教材 10

安倍総理大臣はミサイル防衛など安全保障政策に関する談話を発表しました。「今年末までにあるべき方策を示し、厳しい安全保障環境に対応していく」と強調しています。

 安倍総理大臣:「私は退任していくわけでありますが、退任にあたりまして、今までの議論を整理をし、そして談話という形で国民の皆様に発表させて頂いたところであります」
 談話ではミサイル防衛に関して「迎撃能力を向上させるだけで本当に国民の命と平和な暮らしを守り抜くことができるのか」と指摘しました。そのうえで、与党とも協議をしながら年内に新たな方針を示すと表明しました。配備を断念したイージス・アショアの代替策や敵基地攻撃能力の保有の是非は次の政権に議論が委ねられることになります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp