ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報

北朝鮮で新型コロナウイルスの陣頭指揮を執っていた金正恩委員長が手術を受けて重篤な状態になっているとアメリカのCNNが報じました。韓国ではどのように受け止められているのでしょうか。ソウルからの報告です。

 (良永晋也記者報告)
 以前から韓国では金委員長の健康不安説があったのは事実です。北朝鮮消息筋に改めて取材したところ、金委員長は暴飲暴食、たばこ、さらには遺伝的な要因も重なって心臓や血管の状態が良くないそうです。いつ爆発してもおかしくない「時限爆弾」のような状態だということです。
 ただ一方で、別の消息筋は「金委員長には金日成主席の代から続く専属の健康管理チームが付いているということですので、深刻な状態ではないだろう」というふうにみています。
 また、最新の報道によりますと、韓国大統領府の高官も「金委員長は側近らと地方で正常に活動中」だと明らかにしていて、重篤説を否定しています。
 ただ、現時点で金委員長の動向が正式に報じられていない以上、あらゆる可能性を排除できません。慎重に見極める必要がありそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

「Youtube動画で稼げる」無料レポート配布中