ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報

新型コロナウイルスの発生源などをめぐり、各国首脳から中国の対応に疑念の声が相次ぐ中、ドイツのメルケル首相は、中国が透明性をもって説明する必要があるとの考えを示した。

メルケル首相は20日、「中国がウイルスの発生源について、より透明性を持てば、各国がよりくわしく学ぶことができる」と述べ、中国が透明性をもって明確に説明する必要があるとの考えを示した。

新型コロナウイルスの発生源をめぐっては、アメリカが湖北省の武漢市にある研究所から流出した可能性を指摘し、トランプ大統領は調査を行う考えを明らかにしている。

また、フランスのマクロン大統領はメディアに対し、「われわれが知らないことがあるのは明らかだ」と述べていて、各国から中国の対応や説明に対して、疑念の声が上がっている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

「Youtube動画で稼げる」無料レポート配布中