ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報

新型コロナウイルスに感染したスペインの名門プロサッカーチーム「レアルマドリード」の元会長が死亡したと地元メディアが報じました。

 スペインメディアによりますと、レアルマドリードの元会長、ロレンソ・サンス氏は1995年から2000年まで会長を務め、最高峰のタイトルUEFAチャンピオンズリーグも任期中に2度制しました。糖尿病など複数の持病を持っていたことに加え、新型コロナウイルスに感染して21日に病院で亡くなったということです。76歳でした。スペインではマドリードを中心に感染拡大が深刻で、2万5000人近い感染者が確認されて1326人が死亡しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報