ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報

イタリアで新型コロナウイルスの感染による致死率が高い理由は、高齢化が一因だとする論文をイギリスの大学が発表しました。高齢化が進む日本にも警告しています。

 オックスフォード大学の研究チームはイタリアでの致死率の高さについて、65歳以上が人口の23%を占めるなど世界2位の高齢化率を一因としています。新型コロナによるイタリアの致死率は10%に上ります。
 オックスフォード大学、メリンダ・ミルズ教授:「(日本は)桜の季節で外に出たくなるでしょう。しかし、社会的な距離を取ったり行動制限をしなければイタリアのようなことが起きてしまう」
 ミルズ教授は高齢化率がイタリアより高い日本について、イタリアのように感染が拡大した場合は多くの死者が予想されると指摘しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

ウィルス不況に負けない副業・サイドビジネス情報