2019年10月より10%に引き上げられる消費税。

「社会保障のため消費税は不可欠」と言われてしまえば受け入れざるを得ないと思ってしまいますが、これに異を唱えるのは元国税調査官で作家の大村大次郎さん。

大村さんは自身のメルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』で、そもそも消費税は社会保障になど使われないという衝撃の事実を明かした上で、この税金がいかに欠陥だらけなものかを白日の下に晒しています。

プロフィール:大村大次郎(おおむら・おおじろう)
大阪府出身。10年間の国税局勤務の後、経理事務所などを経て経営コンサルタント、フリーライターに。主な著書に「あらゆる領収書は経費で落とせる」(中央公論新社)「悪の会計学」(双葉社)がある

消費税についてもう一度ちゃんと考えてみよう
先月、安倍首相は、来年からの消費税の増税をついに表明しました。これに対して、世論はほとんど反対しませんでした。

国の必死の喧伝が功を奏してか、今となっては、消費税について文句を言う人はあまりいません。

国のやることには文句ばかり言っている朝日新聞でさえ、社説で「消費税増税やむなし」と書いたほどです。

私は、なぜ消費税がこれほど国民に受け入れられているのか、不思議でなりません。

消費税というのは、欠陥だらけの税金なのです。

それは、税金を専門とする学者の多くがそれを指摘しています。

御用学者以外の税金学者のほとんどは、消費税に反対しているのではないでしょうか?

日本人というのは、根の部分で国の指導者を信じ切っているところがあります。

国の指導者の悪口を言ったり、叩いたりすることは大好きだけれども、

根本の部分で、「まあ、少しくらい悪いことをしても、基本的にはちゃんと国のことをやってくれているだろう」というふうに思っているようなのです。

しかし、財政、税制に関する限り、そういうことは絶対にありえません。

そもそも二世議員、タレント議員ばかりの政治家が、

専門性を要する税金のことについて適切な対応ができるわけはないのです。

財務官僚は財務官僚で、自分の目先の「安定財源」のことしか考えていません。

財界は財界で、自分の利益のことしか考えていません。

つまり、国の指導層の中で、国の将来のことや、社会全体のことを考えて、

税制、財政を制度設計している人など、誰もいないのです。

それは、今の日本の現実を見れば、明らかです。

少子高齢化は50年前からわかっていたことです。

待機児童問題は20年前から国民の大問題だったことです。

が、何十年もの間、誰も適切な手を打っていません。

国の行く末を揺るがすような大問題が半世紀以上も放置されてきたのです。

次は、

「社会保障のため消費税は不可欠」というウソ