FX MT4 裁量トレード練習君プレミアム

13日も、各地で新型コロナウイルスの感染が相次いで判明し、東京都内では91人の感染者が出た。

一方、これまでにはなかった、保健所や沖縄の離島での感染も判明している。

都内で、新たに感染が確認されたのは91人で、2人が重症。

都内の感染者数が2桁になったのは、4月7日以来だが、休日を挟み、医療機関が休みで、検査数が少なかったためとみられている。

また、埼玉県の川口市保健所では、12日以降、あわせて5人の職員が感染していたことが判明した。

同僚の職員17人が自宅待機となっている。

5人はPCR検査などには関与していなかった。

一方、神奈川・川崎市では、ヨーロッパから来日していた感染者の30代の女性が亡くなった。

女性は発熱したあと、石川・金沢や京都で観光し、その後、感染が確認された。

若い世代に新型コロナウイルスの感染が拡大し、重症化や死亡するケースもあり、専門家らが注意を呼びかけている。

さらに沖縄では、新たに7人の感染が確認されたが、うち2人は石垣市在住で、初めての離島での感染確認に市民は、「(感染者が)出るのは時間の問題だと思っていた…」と話した。

石垣市内で感染症に対応できる病床は、一般病床も含め、わずか9床しかない。

また香川県では、高松市の保育所で、女性保育士8人を含む11人の感染が判明した。

この保育所では、これまでに3人の女性保育士が感染。

いわゆるクラスターが発生したとみて、今後147人の園児についてもPCR検査を実施することにしている。

そのほか、大阪でも感染経路不明の20人を含む男女24人が感染するなど、全国で市中感染が拡大している。

(2020/04/14)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH



スマホで完結!究極転売ノウハウQTEN