FX MT4 裁量トレード練習君プレミアム

 日本海沖の大和堆で中国漁船の違法操業が急激に減っていることが分かりました。

 日本海沖の大和堆は冷たい水と暖流の境目にあり、スルメイカや甘エビ、ズワイガニ漁などが盛んです。

 水産庁によりますと、今年7月末までに漁業取締船が退去警告をした中国漁船は16隻で、2年前の4393隻に比べて大幅に減少しています。

 水産庁や地元の漁業関係者などによりますと、ここ数年は大和堆での漁獲量自体が減少傾向にあるほか、漁場が日本の排他的経済水域の外の朝鮮半島方向に移り、中国漁船はその付近で漁をしている可能性もあるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp



スマホで完結!究極転売ノウハウQTEN