FX MT4 裁量トレード練習君プレミアム

FRBは4日、去年12月に開催したFOMC=連邦公開市場委員会の議事要旨を公表し、参加者が、2023年中の利下げを見込む市場に懸念を示していたことが明らかになりました。FOMCはこの会合で政策金利を0.5ポイント引き上げると決定し、利上げ幅をそれまでの0.75ポイントから縮小しました。一方、FOMC参加者による政策金利見通しの中央値では、2023年末の水準を5.1%とし、前回9月時点の4.6%から上方修正しました。議事要旨によりますと、利上げ幅の縮小について数人の参加者は、「FRBのインフレ抑制への覚悟が弱まったわけではないと明確に発信する必要がある」と強調しました。参加者は、その上で、「金融政策は市場を通じて影響力を行使する。市場関係者がFRBのメッセージを誤って認識すれば金融環境の緩和につながり、インフレ抑制を困難にする可能性がある」と指摘しました。複数の参加者は「歴史的な経験に基づけば、金融政策を早期に緩めるべきではない」と警告しました。

#FOMC #連邦公開市場委員会 #議事要旨 #政策金利 #利下げ

◆◆最大2ヵ月無料!激動経済!2022-2023 年末年始キャンペーン◆◆
今年を振り返り、この先の不確実な時代を乗り切るため、「経済の視点」で先の見通しを高める特別ラインナップをテレ東BIZで配信予定!この機会にぜひお試しください。
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/lp/cp2022-2023/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=cp_20222023

※2023年1月に会員登録⇒2023年2月28日まで無料で視聴できます。
※キャンペーン期間:2023年1月20日 23:59まで
※通常は入会月のみ無料、月額550円(税込)
※Web会員のみ対象のキャンペーンです。キャンペーンコードの入力が無い場合、キャンペーンが適用されませんのでご注意ください。



スマホで完結!究極転売ノウハウQTEN