菅首相が就任後。初の論戦となる臨時国会が10月26日に召集されました。菅首相が新しい会員候補6人の任命を見送り、日本学術会議側が任命を求めている、いわゆる「日本学術会議の任命拒否問題」について、臨時国会で野党は「学問の自由を脅かしかねない」として徹底追及する方針で、菅首相の説明責任が問われる臨時国会となりそうです。

 日本学術会議とはどういう団体なのか、そしてなぜ6人の任命拒否問題が起きたのかまとめ、フリージャーナリストの鈴木哲夫さんに話を聞きました。動画でご覧ください。