安倍総理大臣と自民党の岸田政調会長が会食し、党内人事を巡って意見交換しました。

 安倍総理は岸田政調会長と会食し、秋の政治日程や党内人事について意見交換しました。岸田政調会長は、9月にも行われるといわれている党役員人事で幹事長に就任するか注目されていて、自身のポストを含めて議論したとみられます。また、総裁選についても意見交換し、改めてポスト安倍への意欲を示した可能性があります。今回の会食は3月以来、4カ月ぶりで岸田政調会長から呼び掛けて実現しました。この間に感染が広がった新型コロナウイルス対策についても意見交換したということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

スポンサードリンク